小児矯正

EPARK歯科 ネット予約受付中

HOME»  小児矯正

小児矯正

お子様の歯が永久歯に生え変わる前に早期の矯正治療をおすすめしております。
当クリニックでは、「床矯正」という取り外しのできる矯正装置を用いた治療を行います。
お子様の歯並びや咬み合わせにお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

「床矯正」と従来の矯正治療との違い

従来の矯正治療では、永久歯に生え変わる11歳くらいころまで様子をみて、治療にあたっては歯の並ぶスペースを作るために健康な小臼歯の抜歯を要しました。
それに加え、床矯正は4歳くらいからはじめられる治療です。
床矯正とは、マウスピースのような矯正装置を口の中に入れて歯を動かす矯正治療のことで、永久歯を抜歯することなく矯正治療を行うことが可能です。
また、矯正装置は取り外し可能なので、夜寝ているときや、お家にいる時につけていただくことが出来ます。
昼間は装置をつけなくても大丈夫なので、学校や外出している時は矯正していることがわかりません。

「床矯正」をはじめるタイミング

5歳、6歳、7歳頃の時期が、床矯正を始める一番のおすすめの時期です。
この時期の歯並びの多くの問題は顎の骨の成長不足によって、歯が並ばなかったり、上下の顎どちらかの成長不足による出っ歯や受け口の問題が殆どです。
ですから、顎の成長のピークの時期を利用することが重要になります。
床矯正は骨が成長をしているこの時期だからこそできる治療法です。

中学生になってしまうと骨が広がってスペースができにくくなり、歯を抜いてスペースを作る通常の成人の矯正治療の適応になります。

床矯正のメリット

床矯正には以下のメリットがあります。

  • 取りはずしのできる装置で主に寝てる時に装置を装着します。
    学校に持っていく必要はないので、周囲に矯正しているのがわかりません。
    また、授業や運動の時も邪魔にもなりません。
  • 固定式の針金(ワイヤー)を使った矯正より歯を動かす時に痛みがほとんどありません。
    装置を装着した最初に軽い圧迫感を感じることもありますが、一度歯が動くと痛みが出ることはほとんどありません。
  • 歯を抜かず矯正治療をすることができます。
  • 治療を始められる時期により、通常の矯正治療より費用を抑えることができます。
    出来る限り、早期にはじめられることをおすすめします。

ワイヤーを使った矯正について

当院ではワイヤーを使った矯正治療にも対応しております。
お子様の成長や症状にあわせた、負担の少ない優しい矯正治療を提供しておりますので、院長またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

PAGE TOP